商品説明
骨伝導スピーカー:小さな振動を作り、頬骨を通して耳の中に直接音を送ります。音楽を聴く際に難聴を抱える人々を助け、通常のイヤホンによる聴力損失を避けるのにも効果を発揮します。
ウルトラHDサウンド:このオープンイヤー設計のスマート骨伝導ヘッドホンを使用すると、あらゆる音楽から重厚な低音とクリアな高音を楽しむことができます。
Bluetooth内蔵:30フィート(およそ9m)までの長距離接続に対応します。高速、安全、安定の接続性を備えた、アップグレード型ワイヤレスBluetooth V4.2です。2つのデバイスの同時接続が可能で、ほぼすべてのBluetooth対応デバイスと互換性があります。
スポーツに最適なアイテム:このスポーツ向けヘッドセットは高い耐汗性、防塵性を誇り、耳に直接装着する必要もありません。アウトドアアクティビティ愛好家が健康と安全を確保するために活用することができます。
オープンイヤー設計:オープンイヤーの骨伝導ヘッドホンなので、耳を塞ぐことなく使用することができます。耳の内側に入れたり、覆ったりするイヤホンヘッドセットによる不快感は介在しません。

商品の説明
色:黒
骨伝導ヘッドホンと通常のヘッドホンの違いとは?
骨伝導とは、異なる周波数の機械的振動に変換することによって音を伝える方法です。頭蓋骨、様々な骨、耳の中のリンパ液、聴神経を介して送信されます。ダイアフラムを通る従来の音響伝達とは対照的に、骨伝導は、騒々しい環境での明確な音の響きを実現するために多くの音響伝達ステップを排除し、音波は他のものに影響を与えません。
例えば、ビスケットを食べると、歯と頭蓋骨を介して内耳に振動が伝わるので、ビスケットの音が聞こえます。これと同じ原理が採用されています。18世紀には、骨伝導の力を借りて、かの有名な作曲家ベートーヴェンは、音楽を聞くことができました。ベートーヴェンはイギリスのジョバンニ・フィリッポにより発明された技術を試し、ピアノに接続したスティックを介して、顎骨から音楽を聞いたのです。これは骨伝導原理の初期の活用例として知られています。
骨伝導技術は主に軍事、警察による専門のヘッドホンに使用されており、補聴器、スポーツ用ヘッドホンなどの分野でも活躍しています。

仕様
Bluetoothバージョン:V4.2
充電時間:2時間
音楽の再生時間:最大6時間
スタンバイ時間:最大10日
Bluetooth接続範囲:30フィート
スピーカーのタイプ:骨伝導
Bluetoothプロトコル:
AVRCP V1.6、A2DP
V1.3、HFP V1.7、
HSP V1.2
スピーカー感度:100±3db
マイク感度:-40±3db
重量:39g

製品の中身
骨伝導ヘッドホン x 1
USB充電ケーブル x 1
調整バンド x 1 取扱説明書 x 1

お取引(お支払送料出荷)について

ご注文の前に必ずお読みください


【動画あり★】 トゥルーワイヤレス イヤホン Bluetooth NUARL ヌアール NT01 マットブラック 【NT01-MB】 高音質 完全独立型 完全ワイヤレス イヤフォン 【送料無料】【1年保証】

ページの先頭へ